国公立大学や難関私大、医学部受験なら、梅田中津にある少人数制予備校(医学部受験塾・大学受験塾)志錐館(しすいかん)へ。

志錐館(しすいかん)は、大阪市北区梅田中津にあり、東大・京大や国公立大学医学部、難関私大医学部、難関国公立大学、難関私大などの最難関大学の受験を得意とした予備校(医学部受験塾・大学受験塾)です。 生徒の目標ごとに専門コースを設置しており、合格実績豊富な一流の講師陣が、少人数制で徹底指導いたします。 志錐館の少人数制なら、医学部や国公立大学、東大・京大、などの最難関大学の合格が勝ち取れる! 大阪市営地下鉄御堂筋線中津駅すぐ。

志錐館

卒業生の約4割が、東大・京大、国公立大医学部などの最難関大学に合格
種別(分類) 医学部・大学受験予備校、塾 学習スタイル 個別/集団
対 象 高 / 高卒
TEL 06-6359-6266
住 所 大阪市北区中津1-18-18 若杉ビル7F・8F・9F   地下鉄御堂筋線「中津駅」すぐ!
見やすい北区のマップで確認する
中学生コースもあります
卒業生の約4割が、東大・京大、国公立大医学部などの最難関大学に合格
種 別
(分類)
医学部・大学受験予備校、塾
学 習
スタイル
個別/集団
対 象 高 / 高卒
TEL 06-6359-6266
住 所 大阪市北区中津1-18-18
若杉ビル7F・8F・9F
地下鉄御堂筋線「中津駅」すぐ!
見やすい北区のマップで確認する
中学生コースもあります
  • 特徴・PRポイント
  • コース紹介
  • 合格実績/合格者の声
  • お知らせ
  • 先生と教室案内
  • 入塾案内

特徴・PRポイント


志錐館の少人数制だから、勝ち取れる合格がある。


講師と、生徒一人ひとりのコミュニケーションを大切にし、各自に合った助言を、最適なタイミングで提供し続けることで、受験生一人ひとりを、確実に合格圏内へと導きます。


事実、卒業生の約4割が、東大・京大や難関国公立大学、国公立大医学部・難関私大医学部、早稲田・慶應などの最難関大学に合格しております。

※2013年~2016年の卒業生92名中37名(40%)が合格。


また、卒業生の約5割が国公立大学(医学部、文系、理系)に合格しております。

※2013年~2016年の、東大・京大、国公立大医学部、国公立大の平均合格率47%、一人一校で重複なし。



大人数の集団授業では、どうしても講師から生徒への一方通行の授業になりがちです。

すると、必ずと言っていいほど「ただ授業を受けるだけ」という生徒がでてきます。


これは集団授業である以上、やむを得ない事かもしれませんが、その生徒本人から見た場合、はたして理想的な授業と感じるでしょうか。


いかに素晴らしい講師の方々の授業であっても、必ずしも生徒一人ひとりにとって、理想的な授業だとは限りません。


講師が、受験生一人ひとりと親しく接しながら、各自に合った適切な助言を、いつでも提供できる・・・

この環境こそが、合格に繋がる理想的な学習環境だと、私は確信しております。


ですので、

志錐館の少人数制授業では、
密度の濃い双方向コミュニケーションを行っております。


これにより、各教科の担当講師が、受験生一人一人の状況を常に把握する事ができます。

そして、最適なタイミングで助言を提供することで、各自の学習効率を何倍にも高めていきます。



■受験生の学習技術(スタディ・スキル)も向上させます。


一般的な教育機関では、講師から受講生への教授方法のみが重視され、受講生が情報を受け取って自分のものにしていく能力(学習技術)の向上については、ほとんど注視されていません。


ですが、志錐館の少人数制では、双方向コミュニケーションにより、授業を理解して自分のものにする学習技術そのものを向上させます。

これにより、一つの知識を多面的に展開できる応用力が、格段に高まります。



■受験生一人ひとりに最適な、受験戦略の構築から支援いたします。


受験において最も重要なのは学力向上です。

しかし、単に良い授業を受けていれば学力が向上する、自習室で予習と復習をしていれば成績が上がる、というものではありません。


効率的に学力を向上させる為には、受験生一人一人にあった学力向上システム、いわば自分専用の「受験戦略」を構築する事が、何よりも大切になってきます。


志錐館の少人数制では、双方向コミュニケーションにより、最難関大学にも合格できる、「一人ひとりに最適な、受験戦略の構築」の段階から、全面的に支援いたします。



■コンパクトかつ濃厚な学習カリキュラムで、最短時間で合格圏内の学力へと導いていきます。


受験に必要とされる全体像と知識を、分かりやすく簡潔に講義する事で、学科に対する深い理解と基礎力を8月中に固めます。


そして、多量の演習問題を行うことで、基礎力の確認・熟成と、深い思考力、応用力を身に付けていき、難関大学に通用する実戦力を効率よく高めていきます。

並行して、各志望校の対策も授業に取り入れる事で、傾向を熟知し、合格を確かなものへとしていきます。


もちろん、
講師は、東大理Ⅲ・京大医学部まで受験生を育て上げてきた、生え抜きの実力派講師陣ばかりです。

コース紹介


-集団指導(少人数制)-


志望校と学力に応じてコースを決定致します。各コースごとで、担当講師や授業内容が異なります。


○東大京大受験専科(文系・理系)


東大・京大の受験を突破するには高度な学力が必要ですが、ただ難しい問題ばかりを解けばいいというものではありません。

8月までに、各教科ともに基本を深く理解しながら習得し、高度な応用力を養成していきます。これにより、早期に受験レベルに到達させます。
9月以降は、東大・京大の合格圏内に向けて、深い理解力と応用力が問われる難度の高い演習を、多量にこなしていきます。

並行して、東大・京大の傾向対策を徹底的に実施する事で、余裕を持って合格できる真の実力を養成していきます。


※コース受講料は、1,404,000円/年間(税込)。入塾料、受講料、各種模擬受験料、諸経費を含みます。

※春期・秋期のみの部分受講の場合は、1,026,000円(税別)。夏期や冬期直前期を受講する場合は、別途受講料が必要です。

○国公立大学医学部専科


国公立大の医学部を受験する場合、志望校の決定が、センター試験後までもつれ込む事が多いため、急な志望校変更にも対応できるように、センター、二次試験ともに安定した学力の完成度が求められます。

それゆえ、センター試験で確実に高得点を取ることに重点を置きすぎた勉強をしがちなのですが、ここには多くの課題・問題点があります。

まずは、各教科ともに、8月までに基本的な知識をしっかりおさえながら、どの大学の二次試験にも通用する安定した応用力を、短期達成教育で養っていきます。
同時に、早い段階からセンター対策も実施する事で、安定した学力に繋げていきます。

9月以降は、傾向対策にも重点を置きながら、どの大学の二次試験でも確実に合格圏内の得点をとれるように、学力をより高度で安定したものへと育成していきます。

センター対策も継続しながら、入試本番に万全の体制で望めるように、指導していきます。


※受講料につきましては、東大京大受験専科(文系・理系)と同一です。


○難関国公立大学受験コース(文系・理系)


本コースは、阪大、名大、九大、北大、東北大、および神大を目標にしているコースです。

このような上位の国公立大に合格するためには、十分な基礎力と応用力に加え、問題を解くスピード力も必要になります。
8月までに、各教科ともに基本的な知識と応用力を身に付け、総合的な学力を養成していきます。

9月以降は、志望校別の傾向対策に力を入れ、二次試験で確実に高得点をとれるように育成していきます。


※受講料につきましては、東大京大受験専科(文系・理系)と同一です。


○私大医学部受験コース


近年、医学部志願者数の増加にともない、私大医学部の難易度が上がってきており、以前のように、自分に合った大学を選べば合格できる、という状況ではなくなってきております。

志錐館では、少人数制指導だけでなく、個別指導も充実しておりますので、学力をより短期間で効率的に高めたい場合に有効です。

8月までは、基本的な知識をしっかりおさえつつ、応用力を養っていきます。傾向対策も早い時期から取り組む事で、志望校の出題傾向に習熟していきます。

9月以降は、基本知識の確認と応用力の向上を図りながら、志望校別の傾向対策に重点を置きます。
自信をつけていく事で、余裕をもって受験本番に望める実力を養成していきます。


※コース受講料は、1,944,000円/年間(税込)。入塾料、受講料、志望校別対策授業、諸経費を含みます。


○大学受験アドバンストコース


すでに十分な学力を有しており、東大理Ⅲや京大医学部、阪大医学部をはじめとする、最難関大学を目指すための特設コースです。

このコースは4教科(英語、数学、物理演習、化学演習)で設定されていますが、1教科から受講できます。

なお、現役生の方でも受講頂けます。受講にあたっては、必要な学力をお持ちかどうかを、面接または学力考査において確認させて頂きます。

4教科全てを受講される方は、志錐館で開講している通常講座もすべて受講する事ができます(無料)。
また、成績が優秀な場合には、夏期講習や冬期直前講習などに、無料招待される場合もございます。


※1教科あたり、週1回(3時間)、通年26回です。

受講料は、4教科:702,000円/年間(税込)。1教科:168,480円/年間(税込)


□現役生コース


東大、京大、阪大、国公立大医学部、難関国公立大を目指す高校生を対象に、英語と数学を中心に各種講座を開講しています。


■高校1年生(総合英語、総合数学)

各講座ともに、月3回(2.5時間/回)、通年36回。 時期により異なる場合あり。 授業料は、各講座14,250円/月(税込)


■高校2年生(総合英語、総合数学)

各講座ともに、月3回(2.5時間/回)、通年36回。 時期により異なる場合あり。 授業料は、各講座14,250円/月(税込)


■高校3年生

▽総合英語:

夏までに基礎を復習しながら演習問題にも取り組みます。 秋以降は演習問題に重点をおき、現役で合格できる実力を養成していきます。

授業は、月3回(3時間/回)、通年27回。 時期により異なる場合あり。
授業料は、17,100円/月(税込)


▽総合数学(理系・文系):

夏までに徹底した演習問題により、基礎力の完成と応用力の養成を同時に行います。
秋以降は、志望校の傾向対策に重点を置き、合格圏内の実力を養成していきます。

各講座ともに、月3回(3時間/回)、通年27回。 時期により異なる場合あり。
授業料は、各講座17,100円/月(税込)


▽理系科目:

受験物理、受験化学、受験生物の二次試験に通用する実力を、基礎から応用まで養成していきます。

各講座ともに、月3回(3時間/回)、通年27回。 時期により異なる場合あり。
授業料は、各講座17,100円/月(税込)


▽センター対策:

現代文、日本史、地理、古文、世界史、倫政の中から選択して受講できます。

各講座ともに、月3回(1.5時間/回)、通年27回。 時期により異なる場合あり。
授業料は、各講座8,550円/月(税込)



-個別指導-


志錐館には、少人数制の集団指導以外にも、個別指導もございます。高校生の方も受講頂けます。



○プロフェッショナルコース

東大、京大、阪大、国公立大医学部、私大医学部などの受験対策に、経験豊富な講師が個別で指導致します。
※受講料(税込)は、86,400円~/月(8時間~)。詳細は、お問い合わせください。



○スタンダードコース

京大生、阪大生、国公立大医学部生などの優秀な学生が指導に当たります。
なお、カリキュラムの作成や授業の進展状況については、プロの講師が監督しております。
※受講料(税込)は、25,920円~/月(4時間~)。詳細は、お問い合わせください。

合格実績/合格者の声


★2016年合格実績

(合格者23名、重複なし、2015年度在籍者34名中の実績)


[東大・京大]4名

・東京大学1名(文科一類)

・京都大学3名(経済学部2、工学部)


[国公立大学 医学部医学科]3名

・福井大学1名(医学部医学科)

・三重大学1名(医学部医学科)

・山梨大学1名(医学部医学科)


[国公立大学]5名

・大阪大学3名(経済学部、外語学部、基礎工学部)

・兵庫県立大学1名(理学部)

・高知県立大学1名(看護学部)


[私立大学]11名

・大阪医科大1名(医学部医学科)

・早稲田大学1名(法学部)

・同志社大学2名(法学部、政策学部)

・関西学院大学2名

・立命館大学1名(情報理工学部)

・関西大学2名(社会学部)

・大阪薬科大学1名

・神戸薬科大学1名


[大学校]

・防衛医科大学1名 ※山梨大学医学部医学科合格者との重複者、合格者23名には含みません。



★2015年合格実績

(合格者22名、重複なし、2014年度在籍者32名中の実績)


[東大・京大]9名

・東京大学:2名(理科Ⅰ類、理科Ⅲ類)

・京都大学:7名(経済学部A2、文学部、理学部、工学部3)


[国公立大学 医学部医学科]5名

・香川大学1名(医学部医学科)

・徳島大学1名(医学部医学科)

・奈良県立医科大学1名(医学部医学科)

・岐阜大学1名(医学部医学科)

・宮崎大学1名(医学部医学科)


[国公立大学]5名

・九州大学1名(理学部)

・国際教養大学1名(国際教養)

・横浜国立大学1名(理工学部)

・大阪府立大学1名(工学部)

・滋賀県立大学1名(環境科)


[私立大学]3名

・慶応大学2名(法学部、経済学部)

・大阪医科大1名(医学部医学科)


[大学校]

・防衛医科大学3名 ※防衛医科大学3名は重複者、合格者の22名には含みません。




★2014年合格実績

(合格者11名、重複なし、2013年度在籍者16名中の実績)


[東大・京大]1名

・東京大学:1名(理科Ⅱ類)


[国公立大学 医学部医学科]1名

・大阪大学1名(医学部医学科)


[国公立大学]5名

・名古屋大学1名(経済学部)

・首都大学東京1名(工学部)

・山口大学1名(農学部)

・北見工業大学1名(工学部)

・公立はこだて未来大学1名(理工学部)


[私立大学]4名

・中央大学1名(法学部)

・同志社大学2名(経済学部、スポーツ健康科学部)

・関西大学1名(環境都市工学部)



★2013年合格実績

(合格者9名、重複なし、2012年度在籍者10名中の実績)


[国公立大学]5名

・大阪大学2名(基礎工学部、外国語学部)

・神戸大学2名(経営学部、海事科学部)

・大阪府立大学1名(工学部)


[私立大学]4名

・早稲田大学2名(社会科学部、教育学部)

・同志社大学1名(理工学部)

・立命館大学1名(情報理工学部)




-2016年度合格者の声-


M君(現志錐館チューター)
大阪医科大学


現役のとき、偏差値が50そこそこという状態で医学部に行くことだけを決めていた僕は、当然のことながら浪人しました。 そしてそこから一年間の勉強をどうすればよいかまったく分からないとき志錐館に出会いました。


現役時代、最も苦手としていたのは英語でしたが、志錐館の英語の指導は他とは異なり、単語暗記の訓練方法から始まりました。 同時に、英文法を事細かに丁寧に解説していただきました。おかげで英語にする取り組みが根本から変わりました。


また数学や理科については、基本的なところは現役時代から少しはできていたつもりでした、ところが集団指導の授業を受け始めて、全然できていないことに気づきました。 特に数学の授業はこれまでの数学の切り口と違い、いかにして理解を深めて得点につなげるかをピンポイントで強化していく授業で、基礎からしっかり鍛えていただきました。 物理や化学でも多くの問題に触れ、十分な実力を身につけることができました。


また、一年間を通して、短期から長期にわたる学習計画についても丁寧に相談に乗っていただけました。 おかげで入塾時には考えられないほど学力がつきました。


今振り返ってみても非常に大変な一年でした。 自分でできることは全てやりましたが、志錐館の授業やサポートがあったおかげで確実に力が向上し、最終的に合格を手にすることができました。 一年間、本当にお世話になりました。



N君
福井大学 医学部医学科


僕は現役時代に約一年間、そして浪人時はセンター試験後の二次試験直前期に、志錐館にお世話になりました。 僕は現役時代、学校の成績はいわゆる「落ちこぼれ」の状態で、赤点回避をするだけで精一杯でした。 そのためその場しのぎの勉強しかできず、基礎すら危うい学力でした。 そんなとき、志錐館に出会いました。


僕はまず文法を基礎から徹底的に教えこまれました。 よく理解してなさそうな弱いところを金先生はすぐに見抜き、人に説明できるようになるまで丁寧に教えてくれました。 この確かな文法力が後に長文読解や英作文など英語全体の学力を伸ばす土台となりました。 そして現役時は残念ながら不合格でしたが、志錐館で着実に学力はのびていたので、浪人して再びお世話になりました。


今度は直前期なので個別指導で過去問を金先生と一緒に研究し、ツメの甘い箇所をピンポイントで指摘してもらいました。 英作文の添削もしてもらい、はじめは全くできなかった問題が、最後にはほぼ間違いのない完成度にまで達しました。 おかげで自信を持って試験本番を迎えることができました。 結果は合格。 本当に嬉しかったです。


これまでお世話になった金先生、志錐館の友達、本当にありがとうございました。



S君
三重大学 医学部医学科


僕が志錐館を知ったきっかけは、志錐館に通っている学校の友達に紹介してもらったことです。 はじめは金先生に勉強についての相談にうかがいました。 もともとは薬学部志望で東京大学の理科Ⅱ類を目指していましたが(途中で医学部志望に変えました)、クラブの関係で受験勉強を始めるのが高3の春からだったので、今から思えばよく現役で合格したものだと思います。 勉強の計画を立てる上で、金先生には随分お世話になりました。


しばらくの間は金先生から教えていただいた英語の学習方法をもとに薦められた市販の参考書をもとに勉強し、夏休みから志錐館の授業に参加しました。 授業に出てみて特に感じたことなのですが、周りには自分よりも圧倒的にレベルが上の人ばかりだったので、最初はかなり引け目を感じました。 ですが大いに刺激も受け、一層勉強しようという気にもなりました。 英語はちょっと勉強しただけですぐに成績が伸びる教科ではないので、最初はあまり成績が伸びなかったのですが、最後のほうになると伸び始めました。


僕が英語において大切だと思ったのは基礎学力です。 単語、文法、解釈、読解など色んな種類があるので、やはりどれかが欠けると、成績は伸びないです。 志錐館に通って、自分はなにが欠けているのかが明確に分かったので、勉強もすごくやりやすかったです。


ここで一つのエピソードを紹介させていただきます。 僕が受けた三重大学の英語の問題はほんとうに基礎的なことしか聞かない上に、英作文がほぼ出ないという傾向にありました。 ただ、センターが終わってからの一ケ月は、合格したいという気持ちよりは、結果はどうであれ、後悔はしない終わり方をしたいと思っていたので、無駄だと思いながら、金先生にいただいた英作文の問題集を毎日やっていました。


そしていざ当日になって、英語の問題をみてみると、傾向が変わって、英作文の問題が出ていたのです。 もちろんやすやすと解けました。 それがすごくうれしくて、こういうこともあるんだなぁとも思いましたし、無駄な勉強ってないんだと合格して初めて実感しました。 出ないからやらなくていいというのは、ただただ勉強から逃げているだけのような気がします。 なので、基礎を大切にし、素直に隈なく勉強するのが一番大切だと思います。 志錐館にお世話になったのはほんの短い間でしたが、ありがとうございました。




S君
京都大学 経済学部


僕は浪人時代の夏になってから志錐館に通い始めました。 志錐館に来る前の夏の模試では京都大学はC判定でした。 しかし、志錐館で勉強し始めた後の秋の模試ではオープン、実践ともにA判定をとることができ、そのまま京都大学に合格できました。


志錐館では英語と国語、数学を受講しましたが、いずれも授業毎に丁寧な添削をしていただき、自分の答案のどこがダメだったのかがよくわかりました。 志錐館は大手と違ってギスギスとした空気はなく、自由な空間で勉強することができました。 勉強にいき詰まった時にはすぐに専用スペースで休憩することができ、より良い気持ちで勉強に戻ることができました。


また志錐館には教材が豊富にあるなどサポートの良さにはとても助けられました。 志錐館なしには合格は考えられません。 夏からでも入塾して本当に良かったと思います。 ありがとうございました。



I君
大阪大学 基礎工学部


志錐館には約半年通いましたが、その期間で英語についてお世話になりました。ですので英語について書きます。


通い始めた当初は、成績は不安定でしたので、不安がありました。 暗記事項について、少々甘えもありました。 しかし必要なところはしっかり注意をいただき、受験科目として英語を意識するようになったことや、毎日のテストゼミでのライバル達との競争もあって、しだいに英語に自信がもてるようになりました。 二次試験直前は、英作文の添削指導をしていただき、十分な記述力も身についたと思います。


ともかく自分は英語の授業しかうけていませんが、英語に関してはお勧めできます。 後は他の体験記を参考にして下さい。



Y君
立命館大学 情報理工学部


僕が志錐館と出会ったのは、浪人二年目の七月の事だった。 そもそも、高校に三年間ほぼ学校に行かず、ろくに勉強もせず、ひきこもりになりそんな状態が浪人一年目まで続いた。 これはまずいと思い、一念発起して某予備校に通った。


しかし、やはり長年のひきこもりぐせが体に染みついており、また予備校が合わなかったせいで長続きしなかった。 そんなときに出会ったのが志錐館だったのだ。 入ってみてから待っていたのは、「受験勉強」というものの過酷さだった。 朝早くにやって来て夜遅くに帰るという、受験生にとっては当たり前の生活習慣を送る事が引きこもっていた僕にとっては大変辛かった。


しかし、一カ月続けていると大分慣れた。 英語は英単語、文法等の基礎事項から始めた。 ここで驚いたのが、金先生の勉強法だ。 どれも目から鱗で、九月から本格的に全教科を個別指導してもらった。 しかし残された時間はあと約半年。 全教科ゼロからのスタートで、誰が見ても三浪は免れられない状況だった。 そこから毎日ひたすら基礎事項をインプットしては復習するという生活を続けた。


全教科の基礎事項がすべて終わったのは年末だった。 センターまであと三週間をきっていた。 ひたすら演習して、自分なりに頑張って迎えたセンター本番。 しかし、現実はそんなに甘くはなかった。


結果は非常に厳しいものだった。 そこから志望校を国公立から私立に切り替え、そこから過去問演習をひたすらこなした。 そして本番。 感触はあまりよくなかった。 三浪を覚悟し、合格発表の掲示板をみると自分の番号が載っていた。 奇跡だった。 初めて努力の喜びを知った。


振り返れば先生に厳しく叱責されたり、落ち込んだ苦労の日々。 精神的に不安定で葛藤した日々。 でもこの経験が自分の成長に必要だったと思う。 志錐館は勉学だけでなく、精神面、人生、人間、さまざまな事を教えてくれた。 様々なことで親身に相談に乗って下さるすばらしい先生、意識が高くて互いに切磋琢磨しあえる仲間がこの志錐館にはいる。


最後に僕の人生を変えてくれた志錐館、金先生をはじめとするあらゆる先生方、お世話になった全ての方々に厚く御礼申し上げたい。



お知らせ


■ 入塾生募集中!


2018年度 個別入塾説明会のお申し込みを受け付けています。
お電話または志錐館公式HPのお申し込みフォームから、日程をご予約ください。




★2017年度センター試験で、全高卒生の3分の2が総合得点率80%以上を獲得しました!


平均 全国平均より
英語筆記 175.89点 +52.19点
数ⅠA 83.76点 +22.65点
数ⅡB 86.88点 +24.81点
合 計 732.01点 +170~176点

コース別の成績表は志錐館のHPをご覧ください。



先生と教室案内


■ 国公立大の医学部生や京大生など、選抜された優秀なチューターも常駐しています。


受験生の学習を各方面でサポートするのがチューターです。一足先に合格を勝ち取ったチューター達が、小テストの実施サポートや、自習室で発生した質問などにも的確に答えてくれます。


もちろん、受験生活での悩みごとにも、受験生に近い視点で親身に対応してくれます。


実際の大学の様子を聞いたり、受験時代の話を聞いたりする事で、受験生の学習意欲を高めたり、心のよりどころになってくれるでしょう。



■ 個別化された自習室が、年中無休で利用できます。


横幅100cmの大型机、照明、専用本棚を完備しています。




■食事付きの学生寮もご紹介しております。


遠方にお住まいの受験生のために、志錐館の近くにある安心できる学生寮のご紹介もしております。


入塾案内


入塾案内2017 をご希望の方は、志錐館までお電話ください。


 TEL:06-6359-6266

※「塾と教室案内を見ました」と言って頂くとスムーズです。


~入塾までの流れ~


【STEP1】 お問い合わせ

電話06-6359-6266


【STEP2】 面談・体験・学力審査

お問い合わせの際に、面談と学力審査の日程を調整させて頂きます。
また、実際の授業を1回受けて頂くこともできますので、ご希望の際は、お申し出ください。


【STEP3】 合否判定


【STEP4】 入塾手続き


【STEP5】 授業開始



HP/ブログなど


合格者の声など、より詳しい情報は、志錐館のHPへ ⇒  志錐館のHPへ

役立つ情報がいっぱい 志錐館のブログへ ⇒  志錐館のブログへ

塾と教室案内の別のページを見る

大阪府の広域に戻って探す

区の学習カテゴリーに戻って探す