理数研セミナー梅田校は、医学部受験や難関大学、国公立大学受験での現役合格に強い予備校(大学受験塾・医学部受験塾)です。

理数研セミナー梅田校は、大阪市北区梅田にある国公立大学や医学部、難関大学の受験を専門とした予備校(大学受験塾・医学部受験塾)です。 東大、京大をはじめ、国公立大医学部や私大医学部、国公立大学への合格実績が豊富です。 高校生講座は理系の中でも細かく講座分けをしており、各自にあった講座を選べます。 また数学を苦手としない為に、文系志望の方もたくさん在籍しています。 阪急梅田駅すぐの現役合格に強い大学受験予備校(受験塾)です。 石橋駅、西宮北口駅の各教室でも受講できます。

理数研セミナー 梅田校

東大・京大・阪大・諸大学医学部・最難関大学に圧倒的な現役合格実績
種別(分類) 医学部・大学受験予備校、塾 学習スタイル 集団
対 象 中 / 高
TEL/受付時間 06-6292-0115 / 月~土 16:00~21:00
住 所 大阪市北区芝田1-4-17 梅田エステートビル4F
見やすい北区のマップで確認する

石橋校/西宮北口校もあります
東大・京大・阪大・諸大学医学部・最難関大学に圧倒的な現役合格実績
種 別
(分類)
医学部・大学受験予備校、塾
学 習
スタイル
集団
対 象 中 / 高
TEL
受付時間
06-6292-0115
月~土 16:00~21:00
住 所 大阪市北区芝田1-4-17
梅田エステートビル4F
見やすい北区のマップで確認する

石橋校/西宮北口校もあります
  • 特徴・PRポイント
  • コース紹介
  • 合格実績/合格者の声
  • お知らせ
  • 先生と教室案内
  • 入塾案内

特徴・PRポイント


東大、京大、阪大、医学部、最難関大学などに、圧倒的な現役合格実績


理数研セミナーの最大の特徴は、
「各科目のテキストが、たった1冊である」ということ。

数学はもちろん、化学、物理、生物にいたるまで。


「これが、なにを意味するのか?」



実は、受験においての大きな問題点として、
使用する教材の多さが上げられます。


たとえば数学の場合ですと、高校1年から高校3年までに使用する教材の量は、
学校の教科書、塾や予備校のテキスト、夏期・冬期講習、参考書、問題集…等をすべて含むと、
一体どれくらいあるでしょうか。


「5冊?10冊?・・・」
いいえ、一概には言えませんが、平均で20冊程度はあると言われています。



しかし、理数研の数学では、
独自のテキストが「たった1冊」あるだけです。


そして、この1冊のテキストを、横断的に何度も繰り返しマスターしていく事で、
東大・京大・阪大などの最難関大学や医学部の入試数学が解けるレベルまで到達します。


「えっ、ほんとに?」
と思われるかもしれません。


実は、大学受験における数学は、一見、広範囲から出題されているように見えますが、核心ともいえる部分は、意外にもそれほど多くはありません。


この1冊のテキストとは、
理数研の代表である宮田氏が、
40年以上にわたる講義の中で何百回と練り上げ、改善しつづけたものであり、
医学部受験や最難関大学受験の入試数学において、「必要にして十分な量」を、1冊にまとめたものなのです。


理数研セミナー 理数研独自の数学テキスト
理数研独自の数学テキスト


高校数学と受験数学という、理数系を40年以上知り尽くしているからこそ、
成し得る業であり、一切の無駄を省くことによって、「必要にして十分な量」を、たった1冊のテキストにまとめる事に成功しています。


もちろん、大切な事をたった一つも漏らすことなく。


「理数研にしかできないことがある」



理数研独自の数学テキストとは・・・

講義と一体化した唯一無二のテキストです。


全14章(1~10章は文理共通。11~14章は理系専用)で構成されており、章ごとに10節程度に分かれています。

さらに各章の問題についても、A~Dの4つのランクに分かれています。


理数研セミナー 数学テキストと専用ノート
数学テキストと専用ノート


そして、
このテキストを何度も繰り返しながらステップアップしていく、
「スパイラルシステム」こそが、「理数研の数学」の真髄ともいえるものです。


また、物理、化学、生物においても同様の考え方でテキストを作成し、講義をしております。


コース紹介

~ 高校数学 ~


  • 高校数学を定義や公式の導入から始めて、 医学部や最難関大学の入試数学が解けるレベルに到達するまでを系統的に指導していきます。

  • 理数研の真髄であるメイン講座は、M1、M2、M3、 S2、S3 の5つの講座から構成されており、 先に記載した通り、このメイン講座(5つの講座)のテキストは、たった1冊にまとめられています。

  • メイン講座は、高校数学全体を厳密な論理に従って緻密に、そして極めて合理的に構成されているため、 これらを完璧に履修することで、国公立大学医学部や私大医学部をはじめ、どんな最難関大学の入試数学にも対応できるレベルに到達します。

  • なお、メイン講座の補助的な講座として、追い上げ講座(G1、T3)を設けており、 発展的な講座として、ポスト講座(M4、S4)と特別講座(G4)を設けています。

~ 中学数学 ~


  • プレ講座は、中学数学の基礎と高校数学の基礎を教えながら、 メイン講座にスムーズに入っていく事を目的とした、橋渡し的な講座です。
    ※主に中学生向けの講座ですが、あくまで大学受験を見据えた講座であり、高校受験を目的とはしておりません。


< 高校数学 >

メイン講座と補助・発展講座


●理系・文系共通講座(メイン講座)

講座名 主な範囲/内容 主な対象者
M1 数ⅠA~数ⅡB前半の必修部分 高校1年生、もしくは中高一貫校の意欲的な中学3年生
M2 数ⅡB後半の必修部分、数ⅠAの発展問題 高校2年生、もしくは同等の学力を有する高校1年生
M3 数ⅠA、数ⅡBの発展問題
※1月以降はセンター・2次対策演習
高校3年生、もしくは同等の学力を有する高校2年生


●理系講座(メイン講座)

講座名 主な範囲/内容 主な対象者
S2 数Ⅲの導入部分と前半の必修部分 M2受講者、もしくは同等の学力を有する者
S3 数Ⅲ後半の必修部分+発展問題
※1月以降はセンター・2次対策演習
S2修了者、もしくは同等の学力を有する者


○追い上げ講座(メイン講座の補助的講座)

講座名 主な範囲/内容 主な対象者
G1 M1の第1章(関数・方程式・不等式)、第2章(集合・論理・式)
※高校数学全体に影響を与える非常に重要な部分
入塾や編入のタイミングで、M1の第1章と第2章を受講していない人
※第1期~第4期の各期に、短期集中で開講
T3 数Ⅲを4月~8月で一通り終了し、9月からS3に移行 高校3年生の4月から数Ⅲを始める、時間的に追い上げが必要な理系志望者


○ポスト講座(メイン講座の発展的講座)

講座名 主な範囲/内容 主な対象者
M4 数ⅠA・数ⅡBの発展問題
※1月以降はセンター・2次対策演習
M3修了生
S4 数Ⅲの発展問題
※センター以降は、2次対策演習
S3修了生


○特別講座(メイン講座の発展的講座)

講座名 主な範囲/内容 主な対象者
G4 「理数研独自の解法」を中心とするハイレベルな講座
※高校数学では使わない論理記号も多用
希望者(入塾試験なし、学年不問)
※第1期~第3期の各期ごとの募集


< 中学数学 >


●プレ講座

講座名 主な範囲/内容 主な対象者
J1/J2 中学数学の必須部分を1年で修了し、2年目の前半で発展問題を演習し、後半は高校数学の基礎を演習します。
3年目は、基準を満たしていればM1に移行します。
進度の早い中高一貫校の中学生、もしくは、意欲的な国公立の中学生
F1/F2 J1/J2よりも進度がゆっくりの講座です。
中学数学の必須部分を1年半で修了し、残りの半年は発展問題を演習します。
3年目にM0に移行します。
中高一貫校の中学生、もしくは、意欲的な国公立の中学生
M0 高校数学の基礎を、1年かけて講義します。 中学数学を修了した中学3年生、もしくは、意欲的な中高一貫校の中学2年生



~ 高校理科 ~


  • 物理、化学、生物の基礎を総合的に学びます。
    自然現象をいろいろな角度でとらえ、理論や法則を理解することによって、 理科そのものへの興味を深め、好きになってもらう事を最大の目的としています。

  • ですので、受験問題の解法テクニックを学ぶというよりは、
    自分が理科のどの科目に向いているかが分かってきますので、 センター試験や2次試験の理科の受験科目を決めるのに、最適な講座といえます。

~ 高校化学 ~


  • さまざまな化学的現象が、原子と原子の結合や離散によって起こっていると、自分で理解できるようになると、きっと感動する事でしょう。

  • 受験化学といえども、単に丸暗記して解放テクニックを学ぶだけでは、面白くもなく、真の実力はつきません。結果的に成績も伸びません。
    化学では、基本事項を中心として、他の事項との関連性を正確に、そして密度濃く理解できるようになる事が最も大切です。

  • ですので、単なる解法テクニックを教えるだけの講義は致しません。
    理数研の化学では、出題者がその問題から何を考えさせようとしているのか、そこからいかなる理論が見出されるのか、さらに実際の自然現象とどう関連しているのか、などを常に意識した解答を目指す事によって、難関大の化学に対応できる真の実力を身に付けていきます。

~ 高校物理 ~


  • まずは、偉大なる天才達が発見してくれた自然界の物理法則を正しく理解する事から始めます。
    その法則を使って個々の現象が説明できる事が分かってくると、感動し、きっと物理を好きになるでしょう。

  • 「物理を好きになる」ということは、公式を丸暗記して問題を解くのとは、まったく次元の違うはなしです。
    好きにならずして、医学部や最難関大学の受験物理に対応できる実力を付ける事は、絶対にできません。

  • 理数研の物理では、個々の問題を解くテクニックを学ぶこと以上に、感動を伝えていく事によって、物理を好きになってもらえるような講義をしています。
    「急がば回れ!」まさにこれこそが、物理を極める方法といえます。

~ 高校生物 ~


  • 遺伝子 → タンパク質 → 細胞という基本原理が発見されている現在では、生命現象を科学的に解明することが医学や生命科学の目標となっています。

  • 生物学も物理学や化学と同じく科学であり、現在の入試生物においては、科学的な解法が求められており、単純な丸暗記では通用しなくなっています。
    生物が暗記科目と言われたのは、もはや過去の話です。

  • 理数研の生物では、基本原理から出発し、難関大の入試生物に対応できるように、論理的思考を入れて順を追って学んでいきます。
    また、入試生物だけでなく、現代の医学や生命科学に通用するスマートな生物学の講義をしていきます。

  • なお、生物の2次試験特有の、問題文の長文に対する出題者の意図や、論述的な解法テクニックについても、講義の中で習得していきます。



< 高校理科 >


□高校基礎総合理科講座

講座名 主な範囲/内容 主な対象者
R1 理科基礎の内容 高校1年生、もしくは進度の速い中高一貫校の中学3年生



< 高校化学 >


■高校化学講座

講座名 主な範囲/内容 主な対象者
C2 理論分野と有機化学
※センターから一般国公立大レベル
2次試験で化学を選択する人
C3 基本と重要定型問題の演習・解説
C2よりも難度の高い演習
※難関大理系レベル
※1月以降はセンター・2次対策授業
C2修了生(高校3年生)、もしくは同等の学力を有する者


< 高校物理 >


■高校物理講座

講座名 主な範囲/内容 主な対象者
P2 「力学」「波動」「静電気」の法則に沿った統一的解釈 高校2年生、もしくは、同等の学力を有する者
P3 基本と重要問題の演習・解説、高校物理全範囲
※難関大理系レベル
※1月以降はセンター・2次対策授業
P2修了生(高校3年生)、もしくは同等の学力を有する者
P4 高校物理全範囲の実戦問題の演習・解説、数式を駆使した高度な物理、より本質に迫った解法
※難関大理系レベル
※1月以降はセンター・2次対策授業
P3修了生(高卒生)、もしくは同等の学力を有する者


< 高校生物 >


■高校生物講座

講座名 主な範囲/内容 主な対象者
B2 高校生物基礎の全範囲と高校生物の一部
「遺伝子とタンパク質」「細胞分裂、DNA複製」「神経系と内分泌系」「免疫システム」「光合成と呼吸、植物細胞」
高校2年生
B3 高校生物の全範囲、B2の復習と入試問題演習 高校3年生
(但し、B2の一部の履修は必修)

合格実績/合格者の声


★2017年度合格実績

(1人1校、講習のみの生徒除く)


  • 東京大学: 2名(理一1 ・ 理三1)
  • 京都大学: 8名(医学部2 ・ 薬学部1 ・ 工学部4 ・ 教育学部1)

  • 大阪大学:19名(医学部2 ・ 薬学部1 ・ 歯学部1 ・ 理学部1 ・ 工学部8 ・ 基礎工学部3 ・ 文系3)
  • 神戸大学: 9名(医学部3 ・ 工学部4 ・ 海事科学部1 ・ 文系1)

  • 他大学 :40名(医学部16 ・ その他24)



★2016年度合格実績

(1人1校、講習のみの生徒除く)


  • 東京大学: 1名(文二)
  • 京都大学: 9名(理学部1 ・ 工学部7 ・ 農学部1)

  • 大阪大学:12名(医学部2 ・ 薬学部1 ・ 工学部4 ・ 基礎工学部4 ・ 人間科学部1 ・ 文系1)
  • 神戸大学:15名(医学部6 ・ 工学部3 ・ 農学部1 ・ 文系5)

  • 他大学医学部:13名

  • その他[一橋・早稲田・慶應など]:28名(歯学部2・薬学部2・理学部6・工学部7・その他11)

※下記に、合格体験記があります。



★2015年度合格実績

(1人1校、講習のみの生徒除く)


  • 東京大学: 1名(文一)
  • 京都大学:15名(医学部1 ・ 理学部2 ・ 工学部7 ・ 農学部2 ・ 文系3)

  • 大阪大学:17名(医学部3 ・ 理学部2 ・ 歯学部1 ・ 工学部6 ・ 基礎工学部1 ・ 人間科学部1 ・ 文系3)
  • 神戸大学:10名(医学部5 ・ 理学部1 ・ 工学部3 ・ 農学部1)

  • 他大学医学部:22名

  • その他[一橋・早稲田・慶應など]:31名(歯学部1・薬学部6・理学部4・工学部5・農学部3・その他12)



-合格体験記-


京都大学 医学部
Yさん(神戸女学院)


中一から6年間理数研にお世話になりました。 特に高三のM4・S4では解法のコツなど多くのためになることを教えて頂き、高三の一年で一気に成績が伸びたと感じています。 私は高三の五月まで部活に励んでいたので、受験勉強は他人より遅れていたと思いますが、それでもこうして合格できたのは、理数研のお陰です。 もし今受験勉強が遅れていると感じている方がいれば、今すぐにでも本気になってほしいと思います。 遅れはいくらでも巻き返せます。 応援しています。 お世話になった理数研の方々、有難うございました。



京都大学 医学部
Rさん(北野高校)


私が理数研に入塾したのは高3の6月頃でした。 私は理系選択でありながら理系科目がすごく苦手で、このままでは理系学部に受験できない!と焦り、本格的に塾探しを始めました。 友達からの紹介で理数研のことを知り、ここで勉強して理系科目を克服しようと思い、入塾を決めました。 理数研の数学の授業を受けることで、1度学校で習ったことを復習しながらも学校では教えてもらえない解法を学ぶことができ、とても効果的な勉強ができました。 私は化学も受講していましたが、学校では足りない演習を補うことができました。 テキストは全て理数研のオリジナルで、入試問題レベルに対応しているので普段の授業から実践的な問題に取り組むことができます。 理数研の授業で学んだ解答の導き方やテクニック・知識を理解し、自分で活用できるまで身につけることを意識して勉強することが重要だと思います。



大阪大学 医学部
Rさん(甲陽学院)


理数研には現役時代にお世話になりました。 浪人時にも繰り返し理数研のテキストを復習したことで、模試はもちろん本番でも数学で苦労することはありませんでした。 1年遅れにはなりましたが良い報告ができてよかったです。 本当にありがとうございました。



大阪大学 医学部
Nさん(附属池田高校)


理数研で6年間お世話になりました。 理数研のテキストをやり込んだ結果志望校に合格しました。 そして、自分の夢に近づくことが出来ました。 今の私があるのは、理数研の先生方のおかげです。 落ち込んでいるときに声をかけて下さったり、たくさんの質問に対して分かるまで丁寧に教えて下さったりしたからです。



神戸大学 医学部
Sさん(附属池田高校)


理数研で中1から6年間お世話になりました。 私は高1、2の時に勉強を怠けてしまい、得意だったはずの数学の成績が下がってしまいました。 高3になってさすがにまずいと思い、理数研で先生がおっしゃっていた、「『聞けばわかる』から『自分で解ける』まで何回も解く」を意識しながら勉強するようになり、今までわからなかった問題がどんどん解けるようになりました。 理数研のテキストは数学を解くために必要な要素が全て詰まっていて、他の参考書に手を出すことなく安心してこのテキストだけを何度も復習しました。 受験の直前も2次対策という形で最後まで数学を学ぶことができ、それが2次での自信につながったと思います。 理数研には、数学はもちろんのこと、色々な相談にのっていただき、たくさんお世話になりました。 こんな素敵な塾に出会えてよかったです。 最後になりましたが、先生方、事務の皆さん、本当にありがとうございました。



神戸大学 医学部
Cさん(小林聖心)


理数研で中1から6年間お世話になりました。 他の参考書に手を出さずに、理数研のテキスト1冊を信じて、やり通しました。 そのおかげで問題の本質を見抜く力が身につき、本番に活かすことができました。 私の学校は中高一貫で、中だるみにおちいることもありましたが、最後まで頑張れたのは、理数研のおかげです。 本当に先生方ありがとうございました。



神戸大学 医学部
Hさん(北野高校)


理数研には中学1年から6年間お世話になりました。 特に高校のとき、授業中にある問題で「こんな解き方があるのか!」と感動したことを今でも覚えています。 理数研の良いところは数学の本質をついた授業、選び抜かれた良問を集めたテキストだと思います。 先生がおっしゃるように、理数研の問題をやりぬけば必ず数学の実力は上がります。 それを信じてやり抜くことが大切だと思います。



京都府立医科大学 医学部
Jさん(雲雀丘学園)


僕は理数研で7年間お世話になりました。 特に受験期にお世話になった先生の講義では、泥くさい解き方から、あっと驚く解き方まで様々な問題へのアプローチの仕方を学び取ることができました。 また、成績が伸び悩み挫折しそうになったときも事務の方々や先生に支えられ、なんとか最後まで走り切ることができました。 本当にありがとうございました。



京都府立医科大学 医学部
Iさん(高卒生)


高2の冬からS2/S3を受講し、一浪しているときには大手予備校に通いながらM4/S4を受講していました。 理数研のテキスト・授業は本当に素晴らしく、苦手だった数学が得意になり、大きな得点源となりました。 その結果、自信を持って本番に臨み、数学が難しいと言われるこの大学に合格することができました。 また、予備校の数学の授業が退屈に感じるくらい、理数研の授業の密度は濃かったです。



京都大学 工学部
Tさん(附属池田高校)


中1から6年間理数研にお世話になりました。 復習の習慣をつけることができたのは、本当に役に立ちました。 ありがとうございます。 同じ分野を2回、3回と講義してレベルアップしていく理数研のシステムは数学を学ぶのに優れていると何度も実感しました。 是非、繰り返して問題に取り組んでぶれない実力をつけてください。




京都大学 工学部
Kさん(神戸高校)


理数研の最も良い所は、学校では教えてくれない解法を教えてくれるところです。 だから、クラスのみんながわからないのに理数研の生徒は解くことができる問題がたくさんあります。 また、小技ばかりを教えるのではなく本質も教えてくれるので様々な問題にも応用させることができます。 僕は試験当日熱が出て救急車で運ばれました。 それでもなんとか合格できたのは、これまでの頑張りのおかげだと思います。 みんなも合格発表の日に感謝される自分を目指して、1日1日頑張って下さい。



京都大学 工学部
Sさん(六甲学院)


僕が理数研に通い始めたのは高2になってからですが、もっと早く通っていればよかったと何度も悔やんだことを今でも覚えています。 それほどに理数研流の数学は学校で教わる数学しか知らない僕には衝撃的でした。 はじめは見たことのない公式や考え方に戸惑いましたが、それを使いこなせるようになると、気づかないうちに数学が得意科目になっていました。 本当に理数研を選んで良かったと思います。



大阪大学 薬学部
Yさん(附属池田高校)


理数研には中1からの6年間お世話になりました。 学年に関係なくクラスを選べる方式で、初めのうちは1年分先取りをして、高校数学でつまづいたときに同じ授業をもう一度受けられたのが私にとって救いだったと思います。 そして何よりも、公式を丸覚えすることなく本質から理解して自分のものにしていく姿勢を学んだり、「理数研流」の解法を身につけることができたのが理数研最大の魅力であり、理数研以外では満足できないようにまでなりました。 理数研に通って本当によかったと思っています。



大阪大学 工学部
Kさん(附属池田高校)


ぼくは夏からの途中編入だったため、最初は周りに追いつこうと必死だったが、「こんなにも数学は楽しいのか」「こんなに便利な解法があるのか」と、“理数研流”に驚く毎日だった。 その度にいつも、「春から入塾していればもっと早く気づけたのに…」と後悔したものだ。 理数研の授業はハイレベルかつスピーディーで最初は戸惑うかもしれない。 けれど、僕にとってはそれが予習・復習の意欲につながったし、実際に大学に合格した。 今だから分かることだが、このぐらいのレベル・スピードで食らいついていける人が合格できるのだと思う。 また、「大学入試は理数研のテキスト一冊で充分だ!」と呪文のように言われていたが、僕はその言葉を信じて参考書は一冊も購入せず、ひたすらに理数研テキストの問題を解いた。 そのおかげで高校三年生の時点で数学の問題に自信を持って臨むことができたし、「数学ができない」と焦る周囲に大きく差をつけ、他の教科の勉強時間も確保できた。 僕の場合、数学のみならず物理・化学も理数研で受講していたが、数学と同じく理数研テキスト一冊だけを完璧にすることで、二次試験で差をつけられるくらいの実力がついた。 「理数研流」に出会えて本当に良かった。 実際に合格した今だから言えます。 「大学入試は理数研テキスト一冊で充分だ??」



大阪大学 工学部
Hさん(天王寺学館)


私はクラスメイトの勧めで高2の夏に入塾しました。 入塾当初、私は数学で言えばⅡBはおろか、ⅠAすらろくに理解できておらず、受験的には完全に手遅れともいえる状態でした。 しかしながら、理数研のテキストのみを使用し、先生の指導通り授業で解いた問題を100%解けるように復習する、ただこれを繰り返すだけで学力はあっという間に上がっていき、3年生の夏ごろには難関大学にも通用するレベルへと到達することができました。 入塾時の学力、またその時期の遅さから、数学だけで週に3コマ入っていた時期がありましたが、忘れることのないであろう解法で解く授業のおかげでストレスを感じるどころか、むしろ楽しく授業を受けることができました。 素敵な授業をしてくださった先生方には感謝してもしきれないほどです。 本当にありがとうございました。



大阪大学 工学部
Tさん(清風高校)


僕は中1から理数研にいましたが、中学3年間は正直全然だめでした。 でも、高校3年間でしがみついて頑張っていると、成績がすごくのびて志望校に合格することができました。 今、全然だめでも理数研で頑張れば、きっとのびますよ。



大阪大学 工学部
Tさん(豊中高校)


僕が合格できたのは理数研のおかげです。 僕は理数研に一年半しか在籍していませんが、先生のわかりやすい授業と、必要最小限の良問で構成された理数研のテキストを何度も繰り返しすることで、どんどん数学ができるようになりました。 高1のときから理数研に通っておけばよかったと思いました。 理数研の数学は本物です。 理数研のテキストは本当に素晴らしいです。 入塾を考えられている方にはぜひお勧めしたいと思います。



大阪大学 基礎工学部
Iさん(天王寺学館)


私が理数研で学んだ事の中で特に大切だと思うことは「考え通す事」と「復習」です。 中学時代に不登校を経験し、高校は進学校と呼べるところではなかったので、理数研に通い始めてすぐは、勉強に対して大いに不安でした。 すぐに理解できない事や、計算ミスも多く、不安に負けそうな時もありましたが、わからない問題については何時間も考えたり、わかった後は自力で再現できるように何度も復習する事を心がけました。 その結果、少しずつ成績は上がり、初めは名前を出すことも恥ずかしかった志望大学に合格できました。 上に書いた様な勉強法は努力が模試などの成績にはすぐに反映されない事も多く、途中でやめたくなることもあるかもしれませんが、地道に考えぬいている間に、確実に合格は近づいてきます。



大阪大学 法学部
Sさん(附属池田高校)


私は高校入学と同時に理数研に通い始めました。 初めの説明会で大学受験の数学は理数研のテキストのみで十分だと聞いてとても驚きましたし、正直信じられませんでした。 しかし、受験が終わってみて本当にその通りだったと思います。 理数研の授業は非常にレベルが高くて、ついていくのに必死でしたが、良問ぞろいのテキストを何度も復習するうちに着実に力をつけることができました。 先生方、3年間本当にありがとうございました。



大阪大学 外国語学部
Nさん(神戸女学院)


私は中学1年の時から、理数研にお世話になりました。 最初の頃は授業についていくのに必死でしたが、復習を続けていくうちに、点数を取れるようになり、入試にも「数学は大丈夫!」と自信を持って臨むことができました。 理数研に通っていなかったら、と思うと恐ろしくなるほど、数学に助けられました。 理解の遅い私にも、根気強く丁寧に指導してくださった先生方のおかげです。 ありがとうございました。



神戸大学 工学部
Oさん(雲雀丘学園)


これまで理数研に通わせていただいて、本当に良かったと思います。 理数研で教えて頂いた独自の解法や問題を解く際に有利になる手法などは、数学が好きになるきっかけとなりました。 もちろん入試本番でもそれらは大いに役立ち、これまで理数研のテキストを信じてやってきて本当に良かったと実感しました。 私がした拙い質問にも丁寧に、理解できるまで対応してくださった先生方、本当にありがとうございました。



お知らせ



2017年度 冬期講習のお知らせ


理数研に年度途中に入会した方や、欠席などで受講できなかった講義のある方、確認テスト等の成績が良くなかった方などは、積極的に受講してください。


また、冬期講習は、理数研の受講生でない一般の方でも受講して頂けます。


鍛え抜かれた熟練講師による「理数研の講義」は、どこにも真似できないハイレベルな講義であり、重厚かつ緻密な内容です。


理数研に興味のある方は、ぜひこの冬期講習で「理数研の講義」を体感してみてください。


なお、冬期講習終了後に入会希望者には、入会試験を実施いたします。
冬期講習の内容にそった試験問題を出題し、合格者には1月上旬より平常授業を受講して頂けます。


冬期講習の受付は、10月24日(火)より開始しています。(定員になり次第締め切りとなります)


お申込み、スケジュール等 詳しくは、理数研セミナーのHPをご覧ください。



■入塾生募集中!


理数研セミナーの資料をご希望の方は、
お電話 または 理数研セミナー公式HPの案内書請求フォーム
よりご請求ください。


入会試験のご案内


  • 入会試験の実施時期は下記の通り予定しております。
    詳しい日程につきましては、入会試験時期が近づきましたら、お問い合わせ頂くか、理数研セミナーのHPをご覧ください。
    (このページの下にリンクボタンがあります)

講 義 入会試験
第1期(4~6月) 1月~4月
第2期(7~9月) 6月
第3期(10月~12月) 9月
第4期(1~3月) 1月

先生と教室案内

2010年9月28日に夕刊フジにて宮田先生が紹介されました。




■ 梅田校


住 所 〒530-0012 大阪市北区芝田1-4-17 梅田エステートビル4F
アクセス 【阪急梅田駅】 茶屋町口から徒歩3分
【JR大阪駅】 徒歩5分
TEL 06-6292-0115
受付時間 ・月~金 : 16:00~21:00
・土曜日 : 13:30~21:00
・日曜日 : 事務受付なし


■ 石橋校


住 所 〒563-0032 池田市石橋1-9-13 リバティハウス5F
アクセス 【阪急石橋駅】 西出口から徒歩3分
【阪急電鉄】 石橋-梅田間:急行15分
TEL 072-761-1948
受付時間 ・月~金 : 16:00~21:00
・土曜日 : 13:30~21:00
・日曜日 : 事務受付なし


■ 西宮北口校


住 所 〒662-0834 西宮市南昭和町3-23 フジサワビル2F
アクセス 【阪急西宮北口駅】 北西口から徒歩1分
【阪急電鉄】 西宮北口-梅田間:特急12分
TEL 0798-69-0232
受付時間 ・月~金 : 16:00~21:00
・土曜日 : 13:30~21:00
・日曜日 : 事務受付なし

入塾案内

~講座について(授業回数/授業時間など)~

理数研セミナー 講座について


~入会金・受講料について~

理数研セミナー 入会金・受講料

※詳しくはお問い合わせください。

HP/ブログなど


合格者の声など、より詳しい情報は、理数研セミナーのHPへ ⇒  理数研セミナーのHPへ

「塾と教室」案内の紙面版

北区/都島区/東淀川区の「塾と教室」案内の紙面版に掲載中です。
※各区のコンビニ、スーパー等に設置しています。

  • 理数研セミナー 梅田校

塾と教室案内の別のページを見る

大阪府の広域に戻って探す

区の学習カテゴリーに戻って探す